10月の展示作品

あれよ、あれよ・・という間に年末・・。
10月の展示作品を載せようと思いつつ、今になってしまいました・・。すいません。
「江戸の職人・行商人シリーズ」とでも言いましょうか(職人とは言えない人もいるけど・・)
e0164478_9141191.jpg

一度、昔出品した作品に加筆。
e0164478_916448.jpg

この2作品には、売り口上も載せています。口上をさがすのが大変だった。人によって色々あったとは思いますが
一番スタンダードらしいモノを載せています。
e0164478_9183288.jpg

「飴売り」時代によって流行もあり、沢山種類があったようです。載せきれていません。売るための工夫も楽しい売り子達。
e0164478_9204620.jpg

「大道芸」現在でも見られるモノ、これも?と思われるモノ・・。ホンの一部ですが。
e0164478_9224438.jpg

「物乞い・行人」職業とは言いかねるものですが、今回調べていて一番面白かった。「行人」とは念仏を唱えて町を徘徊したりしてお慈悲を戴いていた人達。どこまでが、物乞いでどこまでが宗教的な人なのか・・・??
この頃の物乞いは、ただお金や食べ物を恵んでもらうモノは軽蔑されていたようです。一つ芸など見せて、恵んでもらう、プライドの高い人達(ん?笑)
「今でも、こんな人達が町にいたら楽しいよね〜」と何人もの人に言われました。浅草あたりにでてこないかなあ〜。食べ物なんか売れそうだけどね〜。このシリーズは、機会あったら描き溜めていきたいです。
[PR]

by aguri-i | 2013-12-16 09:30 | 展示