伝統芸能を観る!

1月、2月といろいろ観る機会があり良い経験でした。
一つは、清澄白河のギャラリーコピスさんでの「コピス寄席」。和装で行くと200円引き。
落語家さん2名と紙切りの3組。会場は、満員大入り!
おまけに、お相撲さん4名がいたので会場は鬢つけ油の良いにおいが漂っていました。
最近は、落語家さん人口は増えているそうです。若い人もこういう伝統芸に気持ちがいっているのでしょうか?
紙切りの人って日本に何名くらいいると思います?驚いたことに、たった7名しかいないそうです。もう、絶滅危惧種いえ、絶滅芸能(?!)状態の気がします。私は、今まで3度紙切りの芸を観たことがあります。(当然、人が違う)
7分の3ってすごいのかも。切った作品を戴きました作品は「深川芸者」。他にもリクエストに答えて切ってくれます。
たのしい時間でした。このあと、新年会にGO!
e0164478_1640279.jpg

あと一つは、曲独楽。大道芸の華。
これは、簡単に観ることができない。そのせいか、会場は老若男女たくさんの人でした。中には遠方から来た人もいたみたい。
e0164478_16423058.jpg

この方(女性)は、三増流の4代目。男性はお弟子さん。
楽しい掛け合いをしながら芸を進行していきます。この芸も、広いところでやるモノと、お座敷でやる芸とあるらしい。
終わった後、写真をお願いしたら快くポーズを決めてくださいました。まだまだ、いろんな芸能があるはず。もっとライブで観てみたい。
[PR]

by aguri-i | 2013-02-21 16:48 | イベント