友人と散策

昨日は、久々に友人が展示に来るというので出向きました。
先に行って、会場でお出迎えしようと甘酒横町を歩いていると!!
いつも長い列を作るたい焼きの”柳屋”さんの列が”短い!”と発見しつつ数メートル行き過ぎ戻る私。
並んじゃいましたよ!私の前には、12、3人!(やった〜!こんなことはそうそうないぞ!)
10分足らずで買えました〜!
ここは、麻布十番の”浪速屋”さんと対をはるたい焼きの有名店。平日でも、お店の外まで列が続くことなど当たり前。
土曜などは、かなり長く列を作っています。
e0164478_10202155.jpg
じゃ〜ん!これがたい焼き。(当たり前か)
あんこは、さっぱりしたほどよい甘さ。
これで、友人と会場でお茶をしました。
ただこの写真、自分の分を食べてから写真を撮るのを忘れて人の分を撮しました。
よくあるよね。食べてから”しまった!”って気付くこと。

この会場の近くに、中国茶のお店がありましてちょっと良い感じ。
”小梅茶荘”といいます。外見は、古い民家風ではあります。
中には、沢山の中国茶と茶器。
お茶は、好きでよく飲むのですが詳しくはなく説明書きを見ながら”ほお〜”と店内を見ていたら、”お時間ありましたら、気になるお茶がありましたら試飲できますよ。どうぞ。”とお誘いに乗って試飲してきました。
e0164478_1029688.jpg
お店の人が勧めてくれたのはキンセンカの香りがする”金勧茶”
流れる手つきで、まるでお酒を飲むようなおちょこに入れてくれました。
飲むと、鼻に抜ける香りの広がりがすばらしく、キンセンカのような香りがする焙煎の軽いお茶。
e0164478_10334186.jpg
それから、何膳も注いで頂き香りの変化を楽しませていただきました。
おまけに、お茶請けまで出していただきこれがおいしい!
台湾の梅を茶葉といっしょに蜜でつけ込んだもの。お茶の渋さと凄く会います。
これも、このお店で販売しています。
お茶って、こうやってゆったりと香りや味の変化などを楽しいみながら時間を楽しむモノなんだと感じ入りました。
ここのお茶、品質もよさそうでリーズナブルなお値段だと思います。
展示に来て、時間があったらお店によって入れ方など聞きながら、お茶を試飲してお買いあげしてみてください。
入れている方は、中国の方。お店のご主人(?)は日本人の方です。

そうそう、会場のお店って目に付かなく良くわからないというので、店構えの写真をアップしておきます。
e0164478_10434390.jpg


そう!つぶやいた”すんごい差し入れ”は、この後に。続く!!(すぐ書くから、待ってて!)
[PR]

by aguri-i | 2011-02-22 10:45 | 展示